2016年 10月 の投稿一覧

住んでからでも遅くない家具選び

新築住宅を取得するときには大きな金額が動くので、金銭感覚が鈍ってしまいがちです。住宅ローンや諸費用は支払わなくてはならない必要経費です。出費のうち、せめて引越費用や家具・家電の購入費用だけでも抑えたいものですが、新居取得のタイミングで新調したくなる気持ちも当然です。ところが、入居前に購入すると失敗する可能性があるのです。購入した家具を配置してみると、予想外に大きい、高さのバランスが悪い、壁紙や床の色と合わない、などの問題が出てきます。また、近年ではLEDや間接照明が主流となり、家具の色によっては部屋が暗く見えることがあります。部屋の寸法を図面上では把握していても、実際に住み始めてみないと距離感・広さ・明るさなどを体感することはできません。せっかく手に入れた新築住宅です。以前使用していた家具・家電で生活しながら、必要だと思ったら購入する、不要だと思ったら捨てるくらいの考えで、居心地の良い住環境をゆっくりと実現したいものです。

大工の仕事内容について

大工とは建物を建てたり修理したりする職人や、その仕事のことです。例えば木造建築の場合は、基礎コンクリートや壁の外側、屋根や内装などの最後の工程を除く全ての仕事に従事する重要な職業です。現場監督の人が建築現場で命令を出して人々を動かします。しかし現場監督は2箇所以上の現場を受け持っていたり、現場作業だけでなく事務作業もあったりするので、現場から離れることがあります。その際に、現場に長時間とどまっている大工が現場監督から一番頼りにされ、実質的に現場を仕切っています。木造建築では最初に骨組を1〜2日で完了させます。次に、屋根の下地組みからサッシュの取り付け、外壁の下地組みまでを一遍にやります。一遍に行うのは、屋根の下地も外壁の下地も雨などで中が漏れることを防ぐために、雨を弾くシートを取り付けるからです。それらの作業が終わってから内部の下地組みや造作に取り掛かります。内部については大工によって進め方が異なります。大工は肉体労働だけでなく頭も使います。施主の意向をくみ取ったり仕事の段取りを考えたりする必要があるからです。また、作業に伴う怪我や事故を防ぐために集中力も必要です。

工務店で建てる家のメリットとデメリットについて

工務店とは土木や建築に関する仕事をする店や会社のことです。工務店で建てる家のメリットは、コストパフォーマンスが良いという点です。管理コストが低くて規模が小さい会社が多い工務店で建てる家は、原価にかなり近い金額に抑えることができます。また建築家で建てる家とは異なり、工務店には予算や法令以外の制限がないので、都市がある地域の狭くて形が複雑な土地でも安く建てられます。

建築にかかる期間も建築家で建てる家より短いので、その分工事期間に身を寄せる仮住まいの費用などを少なくすることが可能です。しかしデメリットもあります。建物だけでなく土地も購入する場合は、工務店で土地の欠点を全てカバーすることが不可能な場合があるので、より条件の良い土地を準備しなければなりません。

その結果費用が多くかかることがあります。また、予算や法令以外に制限がない工務店で建てる家はデザインも自由ですが、デザインを専門として従事する建築家で建てる家のデザインには劣る可能性があります。三重県の工務店で建てる家と建築家で建てる家にはメリットとデメリットがあるので、よく検討してから依頼することが大切です。

建築家と建てる家のメリットやコストの問題

住まいを探している時期には自由な選択肢があります。大人たちはその選択肢の中から最も効率的な道を進めます。そして理想の住まいはプロの仕事によって獲得することができます。具体的には建築家を頼ることで様々な条件が出せます。個人が出せる条件は家の内装や設備に関係しています。一般的に建築家と建てる家はコストが多くなるので注意するべきです。その現実は細かい家の設計や道具の調達と関わっています。特により多くの道具を使うことで家のコストは上昇します。結果としてそれで身近な家の価格が高くなるのです。しかしその一方で建築家と建てる家は、大人たちの理想の内装や設備を追求することができます。今は新築に対して様々な意見が出ているため、建築家たちはそれらを纏め上げています。最新の住宅に求められる要素は低コストや耐久性などです。しかし現代人は新築に強い個性を求める場合もあります。そういった目的がある時に建築家と建てる家の価値が高まるのです。

新築住宅の家づくり体験談

結婚してから約5年間の間、アパートで暮らしていました。私自身が長男であったために、両親との同居を機に新築の住宅を建てることになりました。家づくり体験談となりますが、まずは始めに間取りについて決めたことです。子供の将来像や両親の部屋などを考慮して、住宅の間取りは4LDKとなりました。リビングは総勢6人となりますので、広めの間取りにしました。次に行ったのは、工務店との打ち合わせで間取りや家の基本的な設計について相談を行いました。間取りについてはいくつかの候補を決めていたのでその中から選んで決定しました。家の外観や外壁などのイメージを伝えておくことで、設計がしやすいとのことでした。その次は、具体的な玄関や建具等の仕様について建具メーカーの展示場へ行き、建具やバスユニット、洗面台、トイレなど様々なものについて実際に見ながら決めていきました。頻繁に新築現場に足を運び、大工さんや内装屋、電気設備屋との細かい打ち合わせを行い、理想的な家づくりを行うことが出来たと思っています。しかしながら、実際に住んでみると気がつかなかったこともあるので、三重県の新築住宅の大変さに気が付きました。

新築住宅を購入した場合の火災保険の加入のタイミング

新築住宅を建てるのは、多くの人の夢や目標でもあるだけに、実現をした時には幸せな気分になります。実際に住宅を建てる前から間取りや内装や外壁はもちろん、屋根など自分や家族との相談も楽しい時間になります。比較的忘れられてしまいがちなのが、もしもの時の補償の火災保険への加入ですが、一体どのタイミングで加入するのが良いのかは悩むところです。新築住宅を購入の際に現金で一括で支払うのであれば、実際に自宅に住む日を契約日として火災保険を契約すれば特に問題はありませんが、住宅ローンを契約しているのであれば、少なくとも金融機関のローンの決済日に火災保険の申込書などが必要になる事があります。従って、ローンを金融機関などで組む事を計画されているのであれば、保険会社の担当者とも相談をしながら実際の保険への加入日を検討しなくてはなりません。最も一般的な方法として考えられるのは、ローンの決済日前に火災保険への加入手続きを済ませておくことが基本になります。金融機関によっては、実際に保険料を支払っているという領収書が必要になる場合もありますので、事前に確認をしておくことが必要になります。

新築住宅の間取りについて

新築住宅を建てる大きなメリットの一つに自分のニーズに合致した間取りで家を建てられるということが上げられます。
建売住宅や中古住宅を購入する場合は間取りを自由に決めることはできません。
自分の家族の構成や生活スタイルなど人それぞれに生活しやすい空間はあります。一生に一度の買い物といっても過言ではないかも知れない新築の家の購入だからこそ三重県で新築の間取りにはこだわりたいところです。
またこだわる方だからこそ建売住宅などではなく、世界に一つしかない間取りを作成して家を建てるのかもしれません。
新築の家には建築会社で用意されているような企画型の間取図を取り入れるのではなく出来ればオリジナルの一から設計した間取図を使いたいと考える人も多くいることと思います。
建築する土地の形状を最大限に生かし、家事動線や家族の生活スタイルを反映した住み心地の良い新築の家を建てるのは多くの人々の大きくて大切な目標であるのと同時に夢でもあるのです。

新築住宅を造るときには資金計画から

新築の住宅を建設するのは多くの人にとっては夢のものになりますが、この夢のマイホームを手に入れるとなると入念な資金計画が必要になります。まず、一番最初に計画を立てる時に重要なことが、どの程度の予算で住宅を建設するかといった費用の見積もりです。新築の家を建設する際にはまず土地を探す必要がありますし、その土地の上に建てる母屋の費用が必要になります。さらに庭などの外構工事や生活を始まるために必要な家具や家電製品、さらに住宅を建設するために必要な諸経費などもあります。こうした費用が全てでいくらになるのかというおよそ概算を算出することが資金計画では重要になります。この概算が出たところで、今度は、自分がどの程度の資金を貯める必要があるのか、また、住宅ローンを組むのであればどの程度のお金まで借りることができるのかといったお金の準備になります。この概算と準備のお金が一致するようになってはじめて建設をスタートできます。

不安がたくさんある場合は建替で悩みを解決できます

住宅も年数が経過すると建替が必要になります。その見極めは柱に亀裂が入ったり、水廻り周辺の床がブカブカしたり、屋根が傷んできたり、部屋が寒く感じた時です。柱に亀裂が入っているのは、年数経過により木材が劣化していることを表しており、屋根や外壁の重さに耐えきれなくなります。水廻り周辺の床がブカブカしているのはシロアリが入っている可能性があるため、床下に潜り込んで検査する必要があります。屋根が傷んでくると、暴風や暴雨によって剥がれる心配があります。部屋が寒く感じる原因は、窓から外気が侵入するためです。外気の侵入がスムーズになると、ヒートショックが起きやすくなるので、健康面で心配です。これらの悩みを解決してくれるのが住宅の建替です。工事は専門業者に依頼しますが、現場を見て判断する事になるため、まずは住宅チェックから入ります。建替が必要だと判断された場合は、既存の建物を壊し新築を建て直します。そうすれば悩みも不安も一気に解決できます。

新築住宅を建てる際に必要な地盤調査

新築住宅を建てる際には、その土地がどのような土地であるかを理解する事が大切であり、地盤の強さを理解しておく事が大切です。建物の重量はとても重たいので、その重みに長期間耐える事が出来るだけの地盤の強さが必要になる為、必ず地盤調査を行う必要があります。元々何に使用されていた土地であったかで、地盤の強度は変わってくるので、新築住宅を建てる前の状況を不動産屋に確認する事が重要です。土の強度を検査して強度が少ないと診断された場合には、その土を改良してしっかりした強度を保つ事が必要になります。大切な家を支える地面の強度を強くする事は生涯住む家を守る為にとても重要な事であり、家を建てる際に一番初めに考えなくてはいけない項目です。水を多く含むような土の場合にはそれらの土を改良するか、全て入れ替える事も必要になります。新築住宅を建てる為の土地選びに大切な事は、広さや形以外にも土の強度や過去の土地の利用状況などを確認する事も必要です。